猫の恩返し

【猫の恩返し】猫の国の真の姿を解説・ムタが長寿の理由を考察!【考察・裏設定】

投稿日:2021年8月19日 更新日:

森田宏幸監督の長編ジブリ映画である「猫の恩返し」に登場するキャラクター、「ムタ」を紹介したいと思います。

この「猫の恩返し」には原作があり、そのタイトルは「バロン猫の男爵」という漫画です。

created by Rinker
¥218 (2021/09/22 17:46:24時点 Amazon調べ-詳細)

今回はこの「猫の恩返し」の「猫の国」を通じて「ムタ」について。より理解することができると思います。

ムタの紹介!

まずはムタについて軽く紹介します。

ムタについて

・愛称:ムタ。
・本名:ロナルド・ムーン
・見た目と特徴
白い大猫ででぶっきらぼうであるが、仲間思いな一面もある。
ハッキリした女が好き。
甘い物が大好き。

・その昔、猫の国で国中の魚を喰い尽くして逃げた猫の国最大にして最悪の犯罪者です。

・通常の猫の寿命をはるかに超える年月を生きている。

「ムタ」は猫の国で国中の魚を喰い尽くして逃げた伝説の大犯罪猫であったため、猫王はこのムタがもう一度来た時に備えて城の周りを大迷路にしたんですね。

(原作ではこの迷路を作るのに30猫年経過しているようです。)

この30猫年がどの程度の時間かは分かりませんが、猫王が

「どうやってそんなに長く外の世界で生きられるのにゃ?」と言っていることから、長生きであることはわかります。

・猫の国について

猫王が住んでいる「猫の国」について紹介します。

猫の国に関する発言

ムタの発言

・ありゃあ、まやかしだ。自分の時間を生きられない奴が行くところさ・

・ここはいつでも昼なんだぜ。

ユキちゃんの発言

ここは人の世界にいられなくなった猫の来るところ

つまり「猫の国」は常に昼で時間が止まっているため、猫の住人たちは歳を取らずにいつまでも同じ姿のままなのですね。

もしかしたら、現実逃避して自分の時間を生きられていなかったハルだったからこそ、猫の国の王子を助けたことで特別に猫の国へいけたのかもしれません。

・ユキちゃんが猫の国にいた理由

「猫の恩返し」に登場する「ユキちゃん」は小学生だったハルがお気に入りのクッキーをあげたことで飢死せずに済んだと恩を感じていました白い子ネコです。

この「ユキちゃん」ですが、実は「猫の恩返し」の原作「バロン – 猫の男爵」では設定が異なります。

ユキちゃんはハルの飼いネコという設定であり、残念なことにユキちゃんは交通事故で死んでしまいます。

つまり「猫の国」とは、死んでしまったネコが行く場所なのです。

ユキちゃんの発言の意味が見えてくる

この設定がわかるとユキちゃんが登場時からずっとハルのことを心配そうにして「ハルちゃんはここに入っちゃいけないのよ。」と猫の国にいることを止めていたのかがわかってきます。

ずっと昼のまま時が止まった猫の国ではなく、人間の世界で自分の時間を生きてほしいと思っていたのかもしれませんね。

ムタはなぜ長く生きているのか?

話を元に戻しますが、死んでしまって自分の時間を生きることができなくなった猫がいくところである「猫の国」には住んでいない「ムタ」。

しかし、猫王の「どうすればそんなに長く生きられるのか」という台詞から、通常の猫の寿命をはるかに長生きであり、おそらく不老不死であると考えられます。

考察

ここからは考察です。

ムタがなぜ長く生きられているのかについては詳細は明かされていないですが、長生きの猫で思いつくのは「化け猫」ですね。

猫の国の壁画に書かれているムタもまるで化け猫のようですし。

猫の多くは一定の年数以上長生きすると化け猫になり、その多くは体格が大きく人間の言葉を話したりできます。

このため、ムタが猫の国住人ではないにもかかわらず、歳を取らずに同じ姿で存在できているのかもしれませんね。

-猫の恩返し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【猫の恩返し】まとめ【豆知識】

今回は、2092年に上映された「猫の恩返し」にまつわる豆知識をまとめました。 目次「猫の恩返し」の物語について「耳をすませば」の主人公が書いたという設定「猫の恩返し」のタイトル秘話当初は企業からの依頼 …

カテゴリー

人気の投稿とページ


2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031