ジブリパーク

《ジブリパーク》整備内容大公開!【大村秀章知事・Twitter】

投稿日:

7/13に開催された愛知県の大村秀章知事は定例記者会見にて、起工式の開催を今月7月28日に行うと発表されています。

この記者会見にて、ジブリパークを2022年秋の開業を目指して整備を進めていると報告がありました。

詳細はこちら→《ジブリパーク》予定通り2022年秋オープン!起工式は7月28日開催!

そして、7/14に大村秀章知事のTwitterによって、そのジブリパークの整備内容が判明しました。

予定通りエリア本体工事着手

当初の予定通り、ジブリパーク全5エリアのうち、「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」の3エリアの工事を着手するようですね。

この工事に伴い、7月28日に起工式を開催されます!

青春の丘エリアの設置内容

「青春の丘エリア」では、以下の施設が設置されます。

作品・施設内容

・耳をすませば:地球屋

・猫の恩返し:猫の事務所

「青春の丘エリア」のコンセプトは「来園者を迎え、導くジブリパークの象徴」ですので、それにふさわしい装飾がされるのでしょうか。

平成初めの住宅地をイメージとして整備される予定のようですが、エレベーター棟は、ジブリ作品に出てくる19世紀末の空想科学的要素を取り入れた内外装へ改装されるとのこと。

完成が楽しみです。

 

ジブリの大倉庫エリアの設置内容

「ジブリの大倉庫エリア」では、その名の通りジブリ作品などを保管、保存しており、それらを展示することで懐かしさを体感することができるエリアとなる予定です。

延床面積約9,600㎡の中に常設展示室、企画展示室、約170席を設ける映像展示室の3つによって、ジブリ作品の世界を存分に堪能できるよう設備となる予定です。

また、売店と喫茶などでくつろぐことたできるエリアになる予定ですので、ぜひゆったりとくつろぎたいところです!

どんどこ森エリアの設置内容

「どんどこ森エリア」は「となりのトトロ」で、作中に登場する草壁一家が引っ越した「サツキとメイの家」を中心とした昭和の田園景観をイメージした施設です。

この「サツキとメイの家」はすでに愛・地球博記念公園の中にあり、大変人気が高いエリアです。

詳細はこちら→《となりのトトロ・サツキとメイの家》へ行ける施設!

「サツキとメイの家」の裏山に、お社や社務所、散策路などを整備されるとのことです。

早く散策したいですね!

2年後の2022年秋の開園が待ち遠しいですね!

ジブリパークについてはこちらをご覧ください
 →《ジブリパーク》魅力紹介!アクセス情報・完成予定エリアなど!

-ジブリパーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

《ジブリパーク》魅力紹介!アクセス情報・完成予定エリアなど!

2022年秋に愛知の愛・地球博記念公園内で「ジブリパーク」がオープンします。 国内だけでなく、世界中にファンが多く、人々を魅了し続けたスタジオジブリ作品が、その世界観そのままにテーマパークとしてオープ …

《ジブリパーク》予定通り2022年秋オープン!起工式は7月28日開催!【定例記者会見】

7/13に開催された愛知県の大村秀章知事は定例記者会見にて、起工式の開催を今月7月28日に行うと発表しました。 2022年秋の開業を目指して、ジブリパークの整備を進めていると報告がありました。 また、 …

カテゴリー

人気の投稿とページ